🍒 大阪の十条リスク低減案について : カジノ合法化に関するの質問

Most Liked Casino Bonuses in the last 7 days 💰

Filter:
Sort:
CODE5637
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
50 xB
Max cash out:
$ 1000

本通常国会において特定複合観光施設区域整備法(IR実施法)が成立し、7月27日に公布されました。同法は、カジノを含む統合型リゾートの基本的な枠組みを定めるものであり、同法の成立によりついに我が国でもIR


Enjoy!
今仲清の生産緑地シリーズ(2) バブル経済がきっかけで新生産緑地制度が誕生|コラム|土地活用ラボ for Owner|土地活用|大和ハウス工業
Valid for casinos
参-内閣委員会号 年07月17日 | 西田まこと
Visits
Dislikes
Comments
ir整備法 条文

CODE5637
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
50 xB
Max cash out:
$ 1000

カジノリゾート」整備法案は、条文で条・附則16条からなるが、​条を越える新規立法は、介護保険 昨年の有識者会議では「絶対値」の㎡という数字が入っていたが、与党協議でIR全体の「延べ床


Enjoy!
【中古】 CD 当日発送 マンガ マイワールド/メッカーノ/ メッカーノ/ キングレコード [CD]【メール便送料無料】【あす楽対応】:もったいない本舗 店【メール便送料無料、1日~2日以内に出荷】
Valid for casinos
欠陥だらけのIR法で海外カジノ業者の日本上陸を“先導”する安倍政権…民設民営の賭博場
Visits
Dislikes
Comments
ir整備法 条文

CODE5637
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
50 xB
Max cash out:
$ 1000

(2) 「会社法」(平成17年法律第86号)および. 「会社法の施行に伴う関係 日に施行されたことに伴う、整備法による. みなし規定(機関、株券の (6) 上記のほか、会社法施行に伴う引用条文お. よび用語の変更、必要な


Enjoy!
大阪の十条リスク低減案について : カジノ合法化に関するの質問
Valid for casinos
要約 建築基準法 第61条~77条の65まで
Visits
Dislikes
Comments
ir整備法 条文

CODE5637
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
50 xB
Max cash out:
$ 1000

ることを目的として、「特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)」が成立し. た。都道府県等 【関連条文】. 東日本大震災復興特別. 区域法. 第46条第1項. 特定被災区域内の次の各号に掲げる地域のいずれかに該当す. る地域であって、


Enjoy!
会社法が施行されると,登記の申請が必要となるのですか?:会社設立 最短6時間で!!企業法務も強力サポート
Valid for casinos
カジノ法案(IR整備法)成立!内容と問題点を弁護士が5分で解説! | TOPCOURT LAW FIRM
Visits
Dislikes
Comments
ir整備法 条文

CODE5637
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
50 xB
Max cash out:
$ 1000

JaIR -日本型IRビジネスレポート-の関連資料DBリスト記事を紹介します。 特定複合観光施設区域整備法案参照条文(法律情報・国会) · 特定複合観光施設 特定複合観光施設区域整備法(特定複合観光施設区域整備推進本部・首相官邸)


Enjoy!
定款変更に関するお知らせ|プレスルーム|日鉄ソリューションズ
Valid for casinos
IR汚職事件、疑惑の徹底解明を! – 生涯いち記者
Visits
Dislikes
Comments
ir整備法 条文

CODE5637
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
50 xB
Max cash out:
$ 1000

IR整備により、世界水準のMICEの誘致・開催を通じた国際的な人の交流、​知の交流. やネットワークの構築 世界最高水準とされているIR整備法やギャンブル等依存症対策基. 本法などの関連 Ⅰ IR整備法における治安、​その他懸念事項対策(3/3). 項 目. 条文. 内 容. 犯罪抑止・. 秩序維持対策. カジノ施設及びその


Enjoy!
いまさら聞けない!IR法案(カジノ法案)の内容のポイントをわかりやすく解説 | Geld
Valid for casinos
カジノ法案:331項目未定「国会軽視」 野党批判 審議不足で衆院通過 - 毎日新聞
Visits
Dislikes
Comments
ir整備法 条文

CODE5637
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
50 xB
Max cash out:
$ 1000

○年12月に「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(IR推進法)​」が成立・公布。 は、方針、枠組みのみを定めたプログラム法で、政府に、​IR推進法成立1年を目途に、「特的複合観光施設区域整備法(IR実施法)」の策定を義務付けている。 (2)IR実施法案全体の構図(3本柱)と条文の構成


Enjoy!
令和二年 東京都議会経済・港湾委員会速記録第六号
Valid for casinos
IR基本方針、策定時期白紙に 整備法成立2年 コロナで見直し - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト
Visits
Dislikes
Comments
ir整備法 条文

CODE5637
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
50 xB
Max cash out:
$ 1000

備に関する基本方針」に明記する他、法令、社会規範の遵守に係る条文について所要な訂正を行. うためであります。(変更箇所は下線で示しております。) 記. 内部統制システムの整備に関する基本方針. 当社は、会社法


Enjoy!
業務管理体制の整備に関する事項の届出について 新潟市
Valid for casinos
第1回:平成26年会社法改正の概要(1)|会社法(平成26年改正)|EY新日本有限責任監査法人
Visits
Dislikes
Comments
ir整備法 条文

CODE5637
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
50 xB
Max cash out:
$ 1000

よりは,総条文数の圧縮には資している。 ○都市計画法 第4条(定義). ① この法律において「都市計画」とは,都市の健全な発展と秩序ある整備を図るための. 土地利用,都市施設の整備及び市街地開発事業に関する計画で,次章の規定


Enjoy!
中間層を搾取する貸金ルール、緩すぎる入場規制「カジノ法案」は地雷だらけだ! - 政治・国際 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]
Valid for casinos
YGLPCメールマガジン第50号(年6月30日発行) - 弁護士法人 淀屋橋・山上合同(法律事務所)
Visits
Dislikes
Comments
ir整備法 条文

CODE5637
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
50 xB
Max cash out:
$ 1000

施行されたことに伴い、「会社法」および「整備法」に基づき、当社現行定款 (​条文省略). (51) (現行どおり). 塗料、ニス類、潤滑、離形剤、防錆 | (52)


Enjoy!
緊急事態宣言は出されるか | 年 | 木内登英のGlobal Economy & Policy Insight | 野村総合研究所(NRI)
Valid for casinos
IR実施法に基づく日本版IR(カジノを含む)スキームの論点整理 | セミナーインフォ
Visits
Dislikes
Comments
ir整備法 条文

宿泊施設の基準について 3 今後の議論の 向性 続 基本的な視点 2 及び 3 に関連する事項 3 宿泊施設全体の規模 IR には世界中から観光客が訪れるため その訪問者の規模に相応しいものであることが必要である また カジノ収益を活 して整備 運営されるものであることから 相当程度 規模なものの整備を求めることが必要である しかしながら 具体的にどのような客室を 何室程度整備するのかについては IR に整備されるその他の誘客施設として どのようなものが どれくらいの規模で整備されるかに影響されるものであり 諸外国に整備されている IR の宿泊施設の総客室数も様々であることから 事業者の経営の 由に任せることが適切と考えられる 具体的には 総客室数に下限を設けるのではなく 客室総 積に着 し 相当程度 規模なものの整備を求めることとしてはどうか その際 諸外国の IR の宿泊施設は 我が国の宿泊施設や世界的なブランドの宿泊施設に して 宿泊施設全体の規模が きいことから 諸外国の IR の宿泊施設の総客室数をベースにしつつ 部屋当たりの客室 積 スイートルームの客室 積 スイートルームの割合等を考慮し 具体的な総客室 積の下限を設けることとしてはどうか 21 23 7. 国際会議場施設及び展 等施設の基準について 2 基本的な視点 との関係 続 2. IR 区域以外の地域でカジノ事業等に関する広告物の表 等が制限されない施設について 1 これまでの議論 特定複合観光施設区域整備法 IR 整備法 平成 30 年法律第 80 号 抄 広告及び勧誘の規制 第百六条 略 2 何 も カジノ事業 はカジノ施設に関して 次に掲げる 法で広告をしてはならない 特定複合観光施設区域以外の地域 主として公共交通機関を利 する外国 旅客の乗降 待合いその他の に供する施設として政令で定めるものを除く 次号において同じ において 広告物 常時 は 定の期間継続して公衆に表 されるものであって 看板 看板 貼り紙及び貼り札並びに広告塔 広告板 建物その他の 作物に掲出され は表 されたもの並びにこれらに類するものをいう を表 すること 特定複合観光施設区域以外の地域においてビラ等 ビラ パンフレット はこれらに類する広告の に供される 書図画をいう 以下この号において同じ を頒布し は特定複合観光施設区域において 歳未満の者に対してビラ等を頒布すること 3 9 略 IR 整備法案に対する附帯決議 抄 三政府は カジノ事業及びカジノ施設に関する広告及び勧誘の規制がカジノ 為に対する依存防 及び 少年の健全育成の観点から重要なものであることに鑑み 特定複合観光施設区域外で広告物の表 が禁 されない施設に関する政令を定めるに当たっては 当該施設を可能な限り限定すること 国会審議における政府答弁 例外的に認められる広告の表 はどのような場所なのか という趣旨の質問に対して 同様の規制はシンガポールでも われているところでございまして シンガポールでは 外国 旅客の誘客の観点から 国際空港やクルーズ船の停泊所などに限定してカジノ広告を認めているということでございます 略 政令で定める施設につきましては 依存防 ですとか 少年の健全育成の観点などからカジノに関する広告の場所 法等を規制しているという趣旨を 分踏まえて 例えばですけれども 国際線航空旅客ターミナルなどに限定をしてこういう例外を設けることを想定してございます 平成 30 年 7 17 参 内閣委員会政府参考 答弁 24 26 8. カジノ事業の免許等の際の 格事由となる罰 刑の対象となる罪について今後の議論の 向性 政令の趣旨 IR 整備法第 41 条第 2 項等では カジノ事業等の健全な運営を確保するため カジノ事業者等及びその役員 従業者 契約の相 主要株主等 施設 地権利者のほか カジノ関連機器等製造業者等や指定試験機関等の免許 許可 認可等の 格事由として 全ての罪に係る禁錮刑以上の前科のほか 定の罪 に係る罰 刑の前科を規定 定の罪 については IR 整備法違反や刑法の賭博罪等を法定しているほか その他政令で定める罪 IR 整備法第 41 条第 2 項第 1 号ヘ等 としている 今後の議論の 向性 カジノ事業は 刑法で禁 されている賭博 為を うことを特権的 例外的に許容するものであるほか 合わせて 定の 融業務やカジノ施設での飲 物の提供 興 等を い得るものであることから その健全な運営を確保し弊害を防 する観点から カジノ事業者 カジノ施設供 事業者及びこれらの役員 の 格事由については 融関係法令や 俗営業関係法令等の他法令の例も参考にしつつ 次に掲げる罪を 罰 刑の対象となる罪 として定めることとしてはどうか 善良の 俗の確保や反社会的勢 の排除の観点 公営競技関係法等違反の罪 売春防 法違反 薬物関係の罪 健全な組織運営の確保の観点 会社法等違反の罪 健全な事業活動の確保の観点 刑法上の財産犯 融関係犯罪 俗営業関係法令違反の罪 税法違反等のほ脱犯 カジノ事業者 カジノ施設供 事業者及びこれらの役員 以外の者の 格事由については それぞれのカジノ事業への関与の程度等に応じて 上記の種類の犯罪の中から必要な罪を定めることとしてはどうか 28 30 カジノ事業の免許等の際の 格事由となる罰 刑の対象となる罪について今後の議論の 向性 続 参考 特定複合観光施設区域整備法 IR 整備法 平成 30 年法律第 80 号 抄 免許の基準等 第四 条 略 2 カジノ管理委員会は 第三 九条の免許の申請について 次の各号に掲げる事由のいずれかに該当するとき は申請書若しくはその添付書類のうちに虚偽の記載があり 若しくは重要な事実の記載が けているときは 当該免許を与えてはならない 申請者が次のイからヘまでに掲げる者のいずれかに該当すること イ ホ 略 へこの法律若しくはこれに相当する外国の法令の規定に違反し は組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律 平成 年法律第百三 六号 以下 組織的犯罪処罰法 という 第 七条の罪 犯罪収益移転防 法第三 条の罪その他政令で定める罪を犯し 罰 の刑 これに相当する外国の法令による刑を含む に処せられ 当該刑の執 を終わり は当該刑の執 を受けることがなくなった から起算して五年を経過しない者 五 略 3 4 略 29 31 カジノ施設の 場規制 本 等への 場料の賦課及び 場回数制限 定の者の 場禁 定の者のカジノ 為の禁 規制の例外について今後の議論の 向性 政令の趣旨 1 IR 整備法第 68 条第 1 項第 1 号 第 69 条第 4 号及び第 5 号並びに第 条では カジノ施設への 場について 本 等への 場料の賦課及び 場回数制限を課す で その対象者から 業務として 場する者その他の政令で定める者 を除外することとしている 2 IR 整備法第 69 条及び第 条では 20 歳未満の者や 場回数制限を超過する者のカジノ施設への 場を禁 する で その規制から 政令で定める場合 を除外することとしている 3 IR 整備法第 条第 2 項では IR 推進本部本部 副本部 本部員 事務局 その他の職員 基本 針及び区域整備計画に関する事務に従事する政府職員 カジノ管理委員会の委員 委員 専 委員 事務局の職員 認定都道府県等の職員 カジノ事業者 カジノ施設供 事業者の従業者について 定のカジノ施設においてカジノ 為を うことを禁 する で その規制から 政令で定める場合 を除外することとしている 今後の議論の 向性 1 について 業務 は公務のためカジノ施設に 場 滞在する者 については 場料の賦課及び 場回数制限の対象となる 場者 から除くこととしてはどうか 2 について 20 歳未満の者や 場回数制限を超過する者であっても 業務 は公務のため 場 滞在する場合 は カジノ施設への 場禁 の対象から除くこととしてはどうか ただし 20 歳未満の者については 少年の健全育成の観点から 公務のため 場 滞在する場合 を除き カジノ施設のうち歓楽的雰囲気を有するカジノ 為区画や本 確認区画への 場 滞在を認めないこととしてはどうか 3 についてカジノ事業者が適法に業務を っているかを確認するためにいわゆる覆 調査を う場合など カジノ管理委員会事務局の職員が所掌事務の遂 に必要な調査としてカジノ 為を う場合 については カジノ 為の禁 の対象から除くこととしてはどうか 30 32 その他の主な政令事項 その他の主な政令事項は 次のとおり いずれも 類似の法令も参考にしつつ 技術的専 的な観点から必要な事項を定めることとしてはどうか 特定資 受 業務において カジノ事業者に保証 の供託が義務付けられる受 残 の最低額 ただし基準 毎年 3 31 及び 9 30 の時点 IR 整備法第 84 条第 2 項 IR 区域の 地に関する権利の移転 は設定をする取引 は 為のうち カジノ管理委員会の認可がない場合でも私法上の効 までは否定されないものの範囲 IR 整備法第 条 申告 納付期限の など 場料納 及び納付 の納付 続等 IR 整備法第 条等 {/INSERTKEYS}{/PARAGRAPH} 送客施設の基準について 3 今後の議論の 向性 続 3 多 語対応機能 IR は 世界中の国からの来訪が 込まれることから 1 2 の機能は 本語だけでなく 英語をはじめ 複数の外国語で提供することを求めてはどうか 基本的な視点 2 に関連する事項 4 送客施設の規模 IR には多数の来訪者が 込まれることから 送客施設についても そのニーズに対応できる 分な規模を確保することが必要 律に数値基準を定めることにはなじまないものの 上記 1 から 3 の機能を適切に発揮するため 情報提供 接客や待合のためのスペースを適切に確保することとしてはどうか 17 19 室6. 宿泊施設の基準について 2 基本的な視点 との関係 基本的な視点 1 との関係 これまでにないクオリティの創造 宿泊施設も IR を構成する誘客施設の 部であることから 宿泊施設 体が宿泊需要を み出すものであることが必要である このため 世界中から訪れる者の個々の宿泊施設に求める要件にも対応し これを通じて宿泊需要を創出するような 定 準以上の 積を有する客室が必要である しかしながら 我が国の宿泊施設の 部屋当たりの客室 積は 諸外国の宿泊施設と 較して狭いのが現状である このため 世界中から外国 の来訪を促進する観点から 世界的なブランドの宿泊施設及び諸外国の IR の宿泊施設の 部屋当たりの客室 積を踏まえ 世界 準の 積を有する客室を整備することを求めるべきではないか また 国内外を問わず 富裕層の来訪を促進する観点から 世界的なブランドの宿泊施設及び諸外国の IR の宿泊施設のスイートルームの客室 積等を踏まえ 世界 準で 富裕層の需要にも対応できる客室 スイートルーム等 を まとまった規模で整備することを求めるべきではないか 基本的な視点 2 との関係 これまでにないスケールの創造 IR はこれまでにないスケールとクオリティを有する総合的なリゾート施設として 世界中から観光客を集める施設であるため IR の宿泊施設はその来訪客の数に相応しい規模であることが必要である また カジノ収益を活 してナショナル プロジェクトとして整備される IR の 部として宿泊施設を整備する以上 相当程度 規模な宿泊施設を整備させる必要がある このため 宿泊施設全体としても相当程度 規模なものの整備を求めるべきではないか 基本的な視点 3 との関係 創意 夫の可能性 部屋当たりの客室 積や 宿泊施設全体の規模については 上記のとおり 諸外国の IR を含めた世界 準の宿泊施設の数値を踏まえ 定規模以上のものの整備を求めるべきである しかしながら 総客室数や どの規模の客室 積をどの程度設けるかについては 間事業者の事業モデルに影響されるものである IR 事業の効果を最 化するためにも 総客室数や具体的な客室の種別 構成については 事業者の経営判断に任せることとすべきではないか 19 21 6. {PARAGRAPH}{INSERTKEYS}Transcription 1 資料 1 特定複合観光施設区域整備法に係る 政令事項について 2 1. 宿泊施設の基準について 3 今後の議論の 向性 近年整備された世界的なブランドの宿泊施設及び諸外国の IR の宿泊施設等の実態を踏まえ 以下の考え に基づき具体的な基準を検討することとしてはどうか 基本的な視点 1 及び 2 に関連する事項 1 部屋当たりの客室 積 IR の宿泊施設は世界中からの訪問客のニーズに対応できる規模である必要があるため 諸外国の IR の宿泊施設を含め 近年整備された世界 準の宿泊施設の 部屋当たりの客室 積を踏まえ 定 準以上の 積を有する客室を整備することを求めることとしてはどうか 2 富裕層対応 富裕層の来訪を促進するためには まとまった規模で富裕層向けの客室 スイートルーム等 を確保することが必要である 富裕層向けの客室としては コンドミニアムやヴィラと呼ばれるような数百m2以上の客室も想定されるが あくまで最低基準であるため スイートルームに関する基準を設けることが適切ではないか 具体的には スイートルームの 部屋当たりの客室 積については 本を代表する宿泊施設でも 諸外国の宿泊施設と して狭いことから 諸外国のIRの宿泊施設を含め 近年整備された世界 準の宿泊施設におけるスイートルームの 部屋当たりの客室 積を踏まえ スイートルームの 部屋当たりの客室 積の下限を設けることとしてはどうか 総客室数に対するスイートルームの割合についても 諸外国のIRの宿泊施設は他の宿泊施設よりも割合がかなり いため 近年整備された諸外国のIRの宿泊施設における割合を踏まえ スイートルームの割合の下限を設けることとしてはどうか また その際の下限については スイートルームを 定数確保するという 的に鑑み 総客室数の 定割合とすることとしてはどうか 20 22 6. 国際会議場施設及び展 等施設の基準について 3 今後の議論の 向性 続 3 規模 な 国際会議及び展 会 が開催可能な規模を有し バランスが取れている総合的な MICE 施設として 以下の全てを満たすもの 国際会議場施設 国際会議場施設及び展 等施設の規模において 規模でバランスが取れている施設として 国際会議場施設については 規模な国際会議 にも対応可能な規模を有する施設の整備を求めることとしてはどうか 誘致 開催に際しての 程調整等の容易化 誘客施設としての MICE 施設という観点から 少なくとも 複数の 般的な規模の国際会議 を同時に開催することが可能な規模を有する施設の整備を求めることとしてはどうか 般的な形式 の国際会議に対応可能な施設として 最 の会議室の収容 数と同数以上の収容 数の規模の中 会議室群の整備を求めることとしてはどうか 展 等施設 国際会議場施設及び展 等施設の規模において 規模でバランスが取れている施設として 展 等施設については 規模なイベント にも対応可能な規模を有する施設の整備を求めることとしてはどうか 誘客施設としての MICE 施設という観点等から 少なくとも 複数の 般的な規模の展 会 を同時に開催することが可能な規模を有する施設の整備を求めることとしてはどうか その際 展 等施設については 展 会開催 以外に準備 撤収 があることから 絶え間なく 展 会が開催できるような規模を有する施設の整備を求めることとしてはどうか 11 13 4. 魅 増進施設の基準について 2 今後の議論の 向性 これまでの議論を踏まえ 魅 増進施設として 以下の機能を有する施設の整備を求めることとしてはどうか 1 多様なコンテンツについて その内容に応じた発信 法に絞った上で 魅 を幅広く伝える 我が国の多様で魅 的なコンテンツについて 世界中の観光客から幅広い理解を得るためには 演劇 演芸 スポーツ 料理等のうち特定のジャンルについて 全国各地に存在するコンテンツや コンテンツの歴史的背景等を総合的かつ体系的にまとめ 分かりやすく発信することを求めることとしてはどうか 上記のコンテンツを発信する 法として 展 鑑賞 体験 販売 消費等が考えられるが コンテンツを総合的かつ体系的にまとめた上で分かりやすく発信するためには コンテンツの内容に最も適した発信 法に絞って発信することが効果的であると考えられる しかしながら 効果的な発信 法はコンテンツの内容に応じて異なることから その具体的な発信 法は地域や事業者の判断に委ねることとしてはどうか 2 コンテンツを絞った上で 多様な発信 法を活 し 魅 をより深く伝える 我が国の多様で魅 的なコンテンツについて 世界中の観光客から い関 を してもらうためには よりテーマを絞った上で発信することが効果的であると考えられることから 演劇 演芸 スポーツ 料理等のジャンルの中で 歌舞伎や落語 相撲 和 等 更に特定のテーマに絞った上で 発信することを求めることとしてはどうか 世界中の観光客に我が国の魅 をより深く理解してもらい 本への関 をより深めてもらうためには 特定の発信 法に頼るのではなく あらゆる発信 法を活 することが効果的であると考えられる このため 展 鑑賞 体験 販売 消費等施設が有するあらゆる発信 法を活 することを求めることとしてはどうか 3 上記 12 に共通して 魅 増進施設がその誘客効果を維持 向上させる仕組み 12 のいずれを選択した場合においても IR の誘客施設として誘客効果を常に維持 向上させる観点から 世界中から訪れる観光客が何度訪れても新たな魅 に気づき 更なる来訪が促せるよう 新たなコンテンツの創造や 発信 法の 夫による既存コンテンツの発展に 地域や事業者が取り組むようにすべきではないか 13 15 5. 特定複合観光施設区域整備法に係る政令について特定複合観光施設区域整備法に係る主な政令事項 込み IR 整備法に係る 般的な細則に関する政令 平成 30 年度末を 途に公布 1IR を構成する中核施設 の要件 2 専らカジノ 為の に供される部分 ゲーミング区域 の床 積の上限 3IR 区域以外の地域でカジノ事業等に関する広告物の表 等が制限されない施設 4 マネー ローンダリング対策 本 確認の対象となる特定取引の範囲 CTR の範囲 5 カジノ事業の免許等の際の 格事由となる罰 刑の対象となる罪 6 カジノ施設の 場規制 本 等への 場料の賦課及び 場回数制限 定の者の 場禁 定の者のカジノ 為の禁 規制の例外 7 その他 技術的な事項等 国際会議場施設 展 等施設 魅 増進施設 送客施設 宿泊施設 カジノ管理委員会事務局の組織に関する政令 法律の公布の から 1 年 6 を超えない範囲 区域整備計画の申請期間に関する政令 法律の公布の から 2 年を超えない範囲 カジノ施設やカジノ関連機器等の検査等に係る 数料等に関する政令 法律の公布の から 3 年を超えない範囲 IR 整備法は平成 30 年 7 27 公布 参照条 等 特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律 平成 28 年法律第 号 抄 所掌事務等 第 五条本部は 次に掲げる事務をつかさどる 略 特定複合観光施設区域の整備の推進を総合的かつ集中的に うために必要な法律案及び政令案の 案に関すること 三 略 2 略 特定複合観光施設区域整備推進会議 第 条 略 2 略 3 推進会議は 特定複合観光施設区域の整備の推進のために講ぜられる施策に係る重要事項について調査審議し 本部 に意 を述べるものとする 4 5 略 IR 整備法案に対する附帯決議 平成 30 年 7 19 参議院内閣委員会 抄 三 政府は 本法に基づく政省令等を定めるに当たっては 国会における議論を踏まえて検討を うとともに 国会及び国 に対し 分な説明を尽くすこと 等 1 3 2. を前提とした上で IR 事業の効果を最 化するためにも 我が国を代表することとなる規模を有する施設として 以下の3 類型を設け そのうちいずれを選択するかは都道府県等や事業者の創意 夫に委ねることとしてはどうか 1カテゴリー 3の国際会議が開催可能な規模を有する国際会議場施設であって カテゴリー 1の展 会に対応できる展 等施設を併設するもの 2カテゴリー 3の展 会が開催可能な規模を有する展 等施設であって カテゴリー 1の国際会議に対応できる国際会議場施設を併設するもの 3カテゴリー 2の国際会議及び展 会の双 が開催可能な規模を有し バランスが取れている総合的なMICE 施設なお いずれの類型を選択する場合であっても 国際会議として 般的な形式 である 規模な会議室で われるプレナリー 全体会議 及びその前後に開催されるブレイクアップ 分科会等 等にも対応できるような総収容 数を有することが必要 9 11 3. 送客施設の基準について 3 今後の議論の 向性 これまでの議論や我が国における外国 観光案内所の実態等を踏まえ 以下の考え に基づき具体的な基準を検討することとしてはどうか 基本的な視点 1 及び 3 に関連する事項 1 ショーケース機能 世界中から IR を訪れる旅 者に対して 本各地の観光の魅 を効果的にかつ分かりやすく発信することで 本各地を訪れるきっかけとなることが必要 近年 ヴァーチャル リアリティなどの最先端技術によって 観光の魅 をより い臨場感がある形で発信することが可能となっていることから このような 法も活 した効果的な情報発信を求めることとしてはどうか また ICT 技術によって 的地までのルートや交通 段 的地における観光スポット 交通機関 ホテル等の旅 者に必要な情報をオンデマンドでより分かりやすく発信することが可能となっていることから このような 法も活 した適切な情報発信を求めることとしてはどうか ただし 具体的な 法は 地域におけるコンテンツの内容や 新たな技術の進歩などによることから つのものに限定するのではなく あくまで例 に めた上で 事業者の創意 夫に委ねることとしてはどうか 2 コンシェルジュ機能 世界中から IR を訪れる旅 者に対して その希望に応じて旅 に必要なサービスがワンストップに提供されることで 旅 者がスムーズに 本各地への旅 ができることが必要 IR には 世界中から多様なバックグラウンドを持つ旅 者が訪問することが想定されることから 旅 者の関 に応じてオーダーメイドで旅 計画を提案する機能を求めることとしてはどうか また 既存の観光案内所では観光情報の提供に まり 実際に旅 に くには旅 者が別途チケットの購 などを う必要があることが多いが 送客施設では 旅 者のニーズに応じて その場で 的地までのチケット 的地での観光施設 交通機関 ホテル等の予約 決済など必要なサービスの 配をシームレスで う機能を求めてはどうか 16 18 5. 特定複合観光施設 の中核施設の具体的な要件に関する考え について 1 これまでの議論 続 国会審議における政府答弁 続 中核施設の基準 IR の中核施設の基準はどのようなものか 地 にも を開くべきではないか という趣旨の質問に対して IR の中核的な施設の要件 基準については IR が 地される地域の特性がさまざまであることも 分に踏まえつつ 我が国を代表することとなる規模等とすること 我が国の魅 をわかりやすく発信することなどを政令等において規定することとしております なお IR の区域整備計画は 全ての都道府県 は政令指定都市が申請を えるものとしております 平成 30 年 5 22 衆 本会議安倍内閣総理 答弁 IR 施設に求められる規模等の基準はどのようなものか という趣旨の質問に対して 必置施設の基準につきましては 必置施設のそれぞれについて IR が 地される地域の特性が様々であることも 分に踏まえつつ 我が国を代表することとなる規模とすること等を政令等で規定することとしており さらに 国際競争 の い魅 ある IR でなければ区域整備計画の認定を わないこととしております 平成 30 年 7 6 参 本会議 井国務 答弁 地 都市に IR を整備することは難しいのではないか という趣旨の質問に対して 必置施設の きさだとかを含めた基準につきましては 中略 IR が 地される地域の特性などが様々であることを 分に踏まえつつ 我が国を代表することとなる規模とすることなどを政令などで規定をしていくということを考えておりますし また IR を認定するに当たりましては 国際競争 の い魅 ある IR でなければ区域整備計画の認定を わないという基準もお ししているところでございます この区域整備計画は 全ての都道府県 は政令指定都市が申請を えるということになっておりますので 各地域において それぞれの特 を かした創意 夫ある区域整備計画が作成されるということを期待している次第でございます 中略 本は津々浦々まで観光資源 その歴史 化にあふれるものがあふれているわけでございますので そういう地域の特性に応じた様々な創意 夫をしていただけるものというふうに期待しているところでございます 平成 30 年 7 10 参 内閣委員会政府参考 答弁 4 6 2. 基本的な視点 3との関係 地地域の特性に応じた創意 夫の可能性 IRの施設構成や 地地域によって 国際会議と展 会のいずれが優位性を有するかは異なると考えられる このため 上記 1. 国際会議場施設及び展 等施設の基準について 1 国際会議及び展 会等の特徴の分析 国際会議場施設で開催される国際会議は 参加 数に着 して 以下の 3 類型に分類できる 数多く開催される 般的な規模の国際会議 カテゴリー 1 定数開催される 規模な国際会議 カテゴリー 2 開催数が限定的である 極めて 規模な国際会議 カテゴリー 3 展 会は 展 等 積に着 して 以下の 3 類型に分類できる 数多く開催される 般的な規模の展 会 カテゴリー 1 B to B の 般的な 本市等 定数開催される 規模な展 会 カテゴリー 2 B to B の 規模な 本市等 開催数が限定的である 極めて 規模な展 会 学会 団体 企業等が世界中の各都市で持ち回りで定期開催する国際会議を 各国が誘致する構図 例 年にマリーナ ベイ サンズで開催された Sibos 毎年開催される国際 融系会議 は その後 ジュネーブ 年 トロント 年 シドニー 年 で開催され 年はロンドンで開催される予定である 国際会議は 般的な形式として 会議参加者の 多数が 堂に会するプレナリー 全体会議 とブレイクアップ 分科会等 等で構成される 例 年の国際 動制御連盟総会 フランス トゥールーズ では プレナリーの後 29の分科会に分かれて会議が われた 年の同総会はパシフィコ横浜で開催予定であり 同様のプログラム形式で開催されることが想定されている 展 会は 当該展 会が開催される背後圏に影響を受けるため 世界中で持ち回りで開催されるものではなく 市場毎に需要を掘り起こして ち上げ 同じ場所で定期的に い 定着させるものである 近年は ニッチな新たなテーマによる展 会を創造し 世界中から出展者やバイヤーを集める試みが われている 例 年に幕張メッセで開催された FOODEX JAPAN では83か国 地域から3, 社 うち海外社は 2, 社 が出展し 来場登録者の 国際会議場施設及び展 等施設の基準について 2 基本的な視点 との関係 1. 国際会議場施設及び展 等施設の基準について 3 今後の議論の 向性 P. 基本的な視点 2 との関係 これまでにないスケールの創造 ナショナル プロジェクトとして公益性を有する これまでにないスケールの MICE 施設をカジノ収益を活 して整備することを担保する観点 これまでに刑法が禁じてきた賭博の収益を活 してまで当該施設を整備する必要性という観点 からは 相当程度 規模な MICE 施設を整備することが必要である この観点からは 上記 1.